HOME > 会社案内 > 製造管理/工場設備

◎製造管理/工場設備

JAB登録証

熊本本社工場は2001年10月9日に
(財)日本適合性認定協会(JAB)が認定した
認証機関により登録されました。

ISO9001とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)が制定した、品質面での管理の仕組み(品質マネジメントシステム)の要求事項を規定しているのがISO9001です。

お客様のニーズに応えるために、その情報を製品に反映して提供することを継続的に改善していくための「顧客重視・PDCAサイクル(Plan, Do, Check, Act)・文書化などの要素が取り入れられた品質マネジメントシステム」です。現在では最強の品質管理ツール、ステップ・アップに必要不可欠なものとして業種、規模、官・民を問わず、あらゆる組織に認められていますおり、上記のシステムが業務の軸となっています。


熊本本社工場は、上記の制度により書類調査・実地調査及び判定委員会による審査を経て2006年11月11日に認定されました。

健康補助食品GMPとは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、健康食品の製造業者が原材料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで、適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施と、適切な構造設備の構築により、製品の品質と安全性の確保を図ることを目的としたシステムです。

2005年2月1日に厚生労働省より通知された「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」に基づいて、(財)日本健康・栄養食品協会が第三者認証として「健康補助食品GMPの認定制度」の運用を開始し認定を行っています。

健康補助食品GMP適合認定証

▲ページトップへ